冷蔵庫 送料 相場

冷蔵庫の送料の相場@簡単に送る方法はこれ

冷蔵庫 送料

冷蔵庫 送る

冷蔵庫 配送料

冷蔵庫 費用

 

冷蔵庫を運ぶのは至難の業です。
ちょっと動かすのも1人では無理ではないでしょうか?

 

それもそのはず、冷蔵庫の重さ小さいもので30s、大きいものになると100sを超えます。

 

自分で運ぼうとすると怪我をしかねない重さなのです。

 

冷蔵庫の送料は冷蔵庫の大きさと距離で決まります。

 

宅配業者で大型冷蔵庫を運ぶと東京大阪間で15000円、東京九州間で30000円くらいになります。
もう少しやすくならないかな・・・?

 

そうお思いでしたら、引越し業者に一括見積もりしてみませんか?

 

冷蔵庫 送料 最安

 

 

 

引越し業者には冷蔵庫を安全に運ぶノウハウがあります。

 

遠方の場合にも、混載便など料金が安くなる運び方もあります。

 

見積もりを取って比較することで、冷蔵庫の送料を安くすることができますよ。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越し業者の配送料と時期

 

冷蔵庫 送料 時期

 

引越しには通常期と繁忙期があります。
繁忙期とは1年で1番引越しの件数が多くなる3月前後のことで、それ以外は通常期と呼ばれます。

 

繁忙期が出来るのは、新大学生や新社会人に加え、春の人事異動で転勤する家族の引越しなどが一斉に行われるためです。
この時期はどこの引越し業者もてんやわんやです。

 

スタッフを増員したり1日に回る回数を増やしても、残業をしても、処理しきれない日もあるため、希望日に予約ができない日ということもあります。

 

冷蔵庫だけを運搬したいという依頼もそうです。引越し業者の余裕がないのです。
できれば繁忙期を避けましょう。

 

もし繁忙期にどうしても引越しするのであれば、新居がきまったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを依頼して比較検討し、契約しておきましょう。
繁忙期のひっこしはスピードが命ですから、出遅れないようにしましょう。

 

 

自力で引っ越しするのと引っ越し業者にお願いするのは、どっちがお得?

 

引越し レンタカー

 

引っ越しが単身の場合は、自分でレンタカーを借りて引っ越しするのと引っ越し業者に依頼するのとどっちがお得か迷うところですね。

 

トラックのレンタカーを手配すると、1日約7000円〜10000円ほどかかります。
これに使った分のガソリン代も加算されます。
1日で引越しが完了できる近場であれば、レンタカーでの引っ越しもアリです。

 

しかしレンタカーを借りて、自宅で荷物を積み込み、運転をして、新居で荷下ろしして、レンタカーを返すという作業は1人ではなかなか大変ですから、誰かに引越し作業を手伝ってもらいましょう。
友人や知人に手伝ってもらったら、謝礼・お弁当・飲み物などは用意しましょう。

 

自力か引っ越し業者にお願いするか迷っているなら、見積もりを取って比較してはいかがでしょうか?
引っ越し業者にお願いしても、案外思っているより安く済むかもしれません。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスがあります。
オプションサービスは引越しをするすべての人が必要とするものではないので、必要な人が個別に依頼するものです。
オプションサービスには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中では「エアコンの移設」の依頼が多いそうです。

 

賃貸物件にはエアコンがついていない部屋もまだまだ多く、エアコンを自分で買って設置する人もいます。
自分で購入したエアコンですから、当然新居にも持って行きたいと思うでしょう。

 

しかしエアコンはコンセントを抜けば運べる家電ではありません。
室外機ともつながっているため、電器屋に依頼して外してもらい、新居で再び取り付けてもらう必要があります。つまり2回手配する必要があるわけです。

 

引越し業者のオプションサービスでエアコンの移設を依頼しておけば、その手間がだいぶ省けます。

 

ピアノは繊細で高価な楽器ですから、運搬は専門業者か専門スタッフに依頼した方が良いです。
小さな引っ越し業者ではピアノの運搬を扱わないところもあるので、オプション扱いとなります。

 

一括見積もりで「ピアノ」の項目にチェックを入れておくと、ピアノの運送に対応できる業者を選んで探してくれます。

 

 

引越し費用が安くなる条件とは?

 

引越し 安い

 

引越し費用は安い方が嬉しいですね。
一括見積もりをすれば、一番安い引越し業者を見つけることができますね。

 

しかしもっと安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越し条件を変えてみませんか?
出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることが出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用が安くなりません。
狙い目は平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
みなさん朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思いますから午後は人気がないのです。

 

それに午後引越しは予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。
その分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

引越しの手順を知っておくと便利

 

引越し 手順

 

引越しにはすることがたくさんあるのでおおよぞの手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
新居が決まらないと引越しの見積もりを取ることができません。正確な金額が計算できないからです。
新居にエレベーターがあるのか、駐車場にトラックを停めることができるのかなどで作業時間が変わるので、新居の情報は重要なのです。
新居が決まったら、引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。
季節外れの洋服とか、あまり読まない本などはどんどんダンボールに梱包しましょう。
いらないものは捨てるか売るかあげるかして、荷物の量を減らしてくださいね。
粗大ごみはリサイクルセンターなどに連絡して、有料で引き取ってもらうか自分でセンターに持ち込むなどして捨てましょう。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。
転出届は引越し2週間前から提出可能です。
他にも役所関係の国民健康保険や国民年金、児童手当などの住所変更が必要か確認しておきましょう。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
引越し日までの料金を日割り精算をしてくれますから、各会社に連絡してその方法を聞いてください。

 

D郵便局へ転送の手続き
郵便物は最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間は新居に転送してくれます。
その間に各方面に引越しした連絡をしましょう。

 

E引越し当日、荷物の運送は業者におまかせ
依頼主は家具家電の配置の指示、貴重品や高級品、財産の運送をしてください。
あとパソコンのデータなど消えたら困るものは自分で管理するか、バックアップを取っておいてください。

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。
こちらも引越し2週間以内に行ってください。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。
役所以外にも住所変更を知らせないといけないものがありますので、お忘れなく。

 

このように引越し日まで怒涛のように忙しいのではなく、何日かにわけてちょっとずつ忙しいのです。